ーKanTravー

23歳男ー大学を休学中。

4ヶ月の北海道ホテルインターンを振り返ってみる。

2019年9月6日

日本ー北海道上川町層雲峡

 

f:id:kanchanrobo:20190905180830j:plain 

HOTEL KUMOIでのホテルインターンを終えて、愛知に戻ってきた。期間としては5月のゴールデンウィーク明けすぐから8月いっぱいまでの約4ヶ月間。

 

ビジネスの基礎を叩き込まれたような4ヶ月。

今後、ホテルの経営者になる上で、自分に足りないものがわからない。

そもそも「わからないものさえわからない」状態の自分がこれからまずやるべきことを洗い出して何をしていくかの指針が見えたような4ヶ月。

非常に成長させてもらった期間だと終わってみて思う。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190905180817j:plain

この4ヶ月のインターン期間のうちの最初の2ヶ月、5月6月に関しては、閑散期ということもあって観光客も少なく、普段の業務量的には多くはなかった。

 

しかしながら、時間に余裕のある期間を使ってじっくりとホテルのことだったり、その周辺の建物や、もっと広げてみて地域のことを理解することができたのは後々になってから非常に良い経験だった。

 

現在、日本の地方を中心に地域おこしが積極的に行われている中で、今回お世話になった上川町もその一つであり、地域おこしの縮図を見て、体感して、実践することができたと感じる。

 

実際に行政の人ともお話ができたし、地域の商店街の人たちともコミュニケーションをとることができたし、ホテルの社員さんの考えも聞くことができた。

 

 

そんなこんなで2ヶ月が過ぎて、7月に入り、徐々にホテルに関しても稼働率が上がっていった。それとともにインターン生もい増えていって、多い時では9人にまでなった。

 

社員さんはもちろんのことインターン生はみんな能力が高く、かつ、何かに挑戦しようとしている人たちばかりだった。

毎日が刺激的だった。

 

8月に入ると、上川町役場に対して、「上川町の観光客を増やすための施策」を考えることとなった。インターン生同士でチームになって企画し、プレゼン資料を作り、提案した。

 

この「企画」という作業。これが今回のインターン生活において非常に自分の興味を惹かれた部分でもあった。

 

「企画する」と一言にいっても、まず何をすればいいのかわからない...

今世の中に出ている人気のあるものは誰かのひらめきから来ているに過ぎない...

 

そんな風に考えていた。だけど、この「企画する」というときにどうやって「企画」していくのか。

そのフレームワークを学びながら、体系的に「企画」を作っていくことができた。

 

それもこれも社員さんが定期的にそのための講座を開いてくれたり、「企画」やその「企画」において重要となる「マーケティング」という考え方に関する書籍を紹介してくださり、読むことで知識をつけていった。

 

 

 

 

マーケティング」の奥深さを知ると同時に、楽しさを知った4ヶ月でもあった。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190905180918j:plain

プライベートにおいても、旭川食べログ鮨部門1位の「鮨 みなと」にも訪れることができた。

 

まだこんな高級な料理を口にするには早い年齢なのかもしれないけど、それでもよかった。

全28品で16,000円は鮨屋にしてはだいぶコスパがいいのではないかと思う。まあでも当分はまた、激安飯で我慢になりそうだけど...

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190905180907j:plain

日本最大の国立公園「大雪山国立公園」の黒岳も山頂まで登ることができたし、そこで、視界いっぱいの雲海も見ることができた。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190905180929j:plain

他にも北海道の広大な大自然を目一杯感じることもできた。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190905180840j:plain

また1つ日本の好きな場所が増えた。そんな感じ。

 

 

 

まあそんなこんなで4ヶ月間過ごしたわけですが、これだけ充実した毎日を過ごすことができたのはこのHOTEL KUMOIにいるスタッフの人たちの人柄、そして意識の高さ故のことだろうと思う。会社を経営すること、ホテルを運営すること、短期的にも長期的にも物事を考えながら優先順位を定めて、それぞれの仕事に取り組んでいく。そんなビジネスの基本的でかつ、一番大切なことを学んだ気がする。

 

日々、言葉遣いには気をつけながらも、「もっとこういう風に伝えた方がいいんじゃないか」だったり、「こんな言い方では伝わらない」と判断したり、時には建設的にじっくりと時間をかけて、時には結論からズバッと言ったり、この4ヶ月は毎日そんな言葉の使い方を最大限に注意しながら過ごした日々だったような気がする。無論、その言葉選びそのものが楽しかったりした。

 

言葉一つで相手への伝わり方も違うし、感じ方も違う。これまで生きてきて以来、普通に言葉って自分の口からなんの疑いもなく出てきたものだったけど、こんなにも奥の深いものだとは思いもしなかった。

 

それと同時にもっと自分の言葉選びは伸ばしがいがあるなと思った。

 

残り半年間大学生活が残ってて、10月からはまた復学して授業が始まるわけですが、残りの大学生活も気を引き締めて卒業まで行きたいと思います〜

 

 

本日のお日柄は悪く。

2019年8月20日

日本ー北海道上川町大雪山国立公園

 

おととい、こっちに来てから初めて黒岳の頂上まで登った。

 

毎朝5時ごろに黒岳ロープウェイのTwitterのアカウントにはその日一番の5合目からの様子がつぶやかれている。

 

毎朝わけもなく、なんとなーくそのTwitterのアカウントをみて、黒岳の様子を把握するのがここ最近の習慣になっていた。

 

 

その日は奇しくも「濃霧」の文字が。

 

今までに「濃霧」なんていうアナウンスは一度も見たことがなかった。(少なくとも俺がここにきてから)

それでもせっかく休みが被り、今日を逃すともう黒岳を登ることはないだろうな、なんて思ったら登ることしかもう頭の中になかった。

 

 

 

朝9時ごろから準備を始め、20分間隔で運行しているロープウェイの朝10時の便に乗車する。

 

ほどなくして、黒岳の5合目に到着し、そこからさらに7合目までリフトに乗る。

 

頂上を目指すのに7合目まではなんの苦労もなしに行けてしまうんだから、本当人間は怠惰だ。

 

 

そんなこんなで7合目に到着し、そこからは自分たちの足で頂上を目指す。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190820132946j:plain

歩き始めても視界が晴れる様子はありそうにない...

 

「後悔」の2文字を頭の中で右往左往する...

 

それでもなお、登り続け、8合目、9合目と目印の立っているところで休憩をとりながら徐々に高度を上げていく。

 

道は思っているよりも狭く、すれ違う人がいればどちらかが立ち止まって道を譲らなければならない。

 

視界一面の濃霧、その上、辺り一面は草が生い茂り、ひたすら続く上りの階段に嫌気が指してきた。

 

それでもすれ違う人たちに「こんにちは」とか「ありがとうございます」なんていうごく普通の会話が自然と生まれる。

 

辛いとか思ってる自分が恥ずかしくなってきた。

 

そうだ、俺たちはこの山に遊ばせてもらっているんだ。

 

そう、思うようにした。

辛いとかっていう感情は勝手に自分が抱いている感情であってこの大自然の中ではそんなことはどうでもよかった。

 

そんなこんなでぶつぶつと文句を垂れながら登っていく。

 

 

「こっから10分くらいでもう頂上だよ」

 

 

なんて声をかけてくれたおっちゃんを心の中で俺は、

 

 

「おっちゃん、先にネタバラシしないでくれよ...」

 

 

ってせっかく声をかけてくれたにも関わらず、最低なことを思いながらも、数分登って、ふと振り返ると...

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190820133037j:plain

そこには雲海が広がっていた。

 

 

 

もうね、泣いた。

 

うそ、ごめん。泣いてはない。むしろ目がカッと見開いた。カッと。

 

だってこんな雲海が見れるなんて聞いてないし。

 

Twitterのつぶやきにはハッキリと「濃霧」って書いてあったし。

 

そんな中でこんなとんでもない雲海が見れるなんてせこいよ...

なんていうちょっとエモい感情はそっと心の奥にしまっておいて、二人ではしゃいだ。

 

 

 

その後、無事に頂上に到着し、この素晴らしい雲海を見ながら朝握った梅干しおにぎりを頬張る。

 

自分の足で山を登り、自分の手でおにぎりを握り、フィルターを通さずに自分の肉眼で大自然の景色を見る。

 

これ以上の幸せがあるだろうか。

 

そこに流れる新鮮な空気を全身で浴びながら、五感で黒岳を、そして北海道最大の大雪山を感じる。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190820132932j:plain

僕らを覆っていた雲は、今、僕らの眼下に広がっている。

 

雲は絶えずうごめいていて、形作ることはない。

 

雲を見てるはずなんだけど、なんだかどこを見ているかわからない。

そんな感覚。

 

それに太陽様の反射もあって直視できない。

 

ここ大雪山国立公園は神々の庭、「カムイミンタラ」なんていう別名があるけど、この雲海も神々の庭の一つなんだろうな。

 

 

 

ほどなくして、頂上から先に黒岳石室という山小屋がある。

 

 

f:id:kanchanrobo:20190820133016j:plain

バイオトイレっていう仕組みはよく理解できていないけど、環境に良さそうなトイレがあった。

 

 

そしてその石室から15分ほど、進んだところに桂月岳という山があったからそこだけ登ることにした。

 

一旦黒岳を登ってから先は比較的なだらかな道が続いていた。

 

高山植物を観察しながら、そしてそこに漂う匂いを感じながら桂月岳の頂上へと到着。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190820133028j:plain

相変わらずの雲海。

 

2個握ってきたおにぎりの最後の一つを頬張り、大きな岩の上でまた雲海を眺めた。

 

山肌が雲によって見え隠れしている。

 

自分の右からも左からも雲が巻き上がっていた。

 

科学的な理由は知らんけど、朝は高度の低いところに、昼にかけて高度を上げていく雲。

 

今は自分たちのすぐ目の前に広がっていた。

 

ありふれた表現だが、このどこまでも続くとてつもなく大きなベッドに見えた。

 

 

 

そんなこんなでまた1時間くらいかけて層雲峡へと戻った俺たちだった。

 

層雲峡に戻り、空を見上げてみると、そこには空一面曇り空が広がっていた。

 

「俺らはあの雲の上にいたんだ。」

 

そう思ったら、なんかすごくエモかった。

 

 

上川町役場の方からの上川町についての講座

2019年8月12日

日本ー北海道上川町層雲峡

 

8月に入ってインターン生がさらに増えて今では、8人になった。

 

先日、上川町役場の方から僕らHOTEL KUMOIのインターン生に向けて上川町の今の現状と上川町内の見どころを案内していただいた。

 

地域おこしと一言に言っても、実際には何が行われているのか、そして地域おこしを行う上で何をすることが重要になってくるのかを感じることができた1日だった。

 

 

上川町が目指すところは、

「世界水準の『通年型山岳リゾートタウン』」

だという。モデルとする街はスイスのツェルマット。マッターホルンの麓の町で周りが上川町と同じく、山々に囲まれている。

 

これまで3ヶ月ほど上川町に滞在して感じた上川町の魅力は何と言っても自然の豊かさだろう。

 

日本最大の国立公園、大雪山国立公園を有し、毎年登山客でも賑わう。

そんな大自然を生かしたコンテンツを今後も増やしていくということだった。

 

今あるキャンプ場をグランピング施設に変えたり、Snowpeakと包括連携していたり、大雪森のガーデンでは「森の花園」と題して、様々な花が育てられ、その広大なガーデン内に他にもコンテンツを増やそうとしていたり、最近では層雲峡のすぐ近くを流れている石狩川を使って、ラフティングを楽しむことができるようになったり...

 

様々な自然を活用したコンテンツが増えている。

 

 

 

少し話題を変えて、

地域おこしにとって重要なことは、移住者を増やすこと、そして子育て環境の充実

だと聞いた。

 

そのために先ほど述べた観光客向けのコンテンツ作りだけでなく、移住者に向けても補助金だったり、様々なサポートを行なっているとのことだった。

 

地域おこしが今日本全国の地方で行われている中で、このようにその内容を直接知ることのできる機会を得ることができて非常に勉強になった。

 

でも今回聞いた上川町での動きが一体他の町と比べてどのくらいのものなのかの比較対象が自分の頭の中にはまだない。知識が圧倒的に少なすぎるのだ。

 

福岡県の糸島市とかも地域創生では非常に有名だと聞く。そういった他の町の状況も調べて比較した上で自分の中で情報を吸収していこうと思う。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190812105918j:plain

最後に登った旭岳を望むことのできる大雪森のガーデンの小高い丘の上からの景色は見晴らしが良くて、最高に気持ちが良かった。

 

雨上がりということもあってまだ雲の残る空で、綺麗には旭岳を望むことはできなかっったけど、いつかあの旭岳の頂上まで行きたい。

 

 

京都で提灯に恋したから提灯について一丁前に語ってみる

2019年8月6日

日本ー北海道上川町層雲峡

 

f:id:kanchanrobo:20190806190503j:plain

さて、少し前まで京都にいたわけですが、訪れたお寺の玄関にどでかい提灯がありました。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190806190846j:plain

そのどでかい提灯の横にはこんな感じでこの提灯の説明が書いてあった。

ただただ大きな提灯があるんだなぁって思ってたくらいだったけど、この説明を読んでみるとこの提灯に対して非常に興味を持つ自分がいた。

 

どうやらこの提灯は「京提灯」という名前があるらしかった。普段見ることのできる提灯のほとんどは「巻骨式」というタイプの提灯とのことらしいが、この「京提灯」は「地張り式」というタイプの提灯で作る工程において大変な手間と時間がかかる代物だという...

 

南座の提灯やホテルの空間演出、海外のハイブランドとコラボレーション提灯など幅広く活躍」

 

とも書いてあり、提灯界ではすごく格式の高いものなんだと感じた。

 

最近はホテルについて個人的に非常に興味がある中でホテルに限らず日本文化というものにも旅から帰ってきて興味が湧いていた。

 

「日本文化に興味が湧いている。」と一言に言っても、じゃあ実際に日本文化とはなんぞやと聞かれてもうまく今の自分では説明できない。日本文化に対する知識が無さすぎるから。

これからの人生をかけて学んでいく分野になると思うし、それだけ深みがすごい分野だと思ってる。

 

その中でも今回見つけた「提灯」。

これは日本文化の一つではないか。と自分の直感が言っていた。

 

調べてみると、「提灯」というものの原型は元々、中国から伝わったものらしい。

しかしながらそれが一般庶民の間に広まるのは江戸時代のことだったとのこと。

 

江戸時代に作られていた提灯は中国から伝わったものとは姿形も変わっていて独自の進化を遂げていたとのことらしい。

 

つまり、今の「提灯」はもはや日本のオリジナルブランドといっても過言ではないのだろう。

 

でも普通に考えて提灯を見たらなんか「和」って感じがするのは僕だけなんでしょうか...

提灯は限りなく日本文化のものであると個人的には思います。

 

ベトナムホイアンを訪れた時にはホイアン祭といって無数の提灯が出店で売られていて、灯篭が川に流されている光景を目にしました。

 

ベトナムでもベトナム文化として提灯は有名なのかもしれません。

 

今回僕が見た提灯は「京提灯」というものでまた提灯の中でもブランドが違うみたい。

 

 

kojima-shouten.jp

サイトのURLを見てみると、非常に洗練されたものづくりがなされていると感じました。

 

でもこういう提灯はめちゃくちゃ高いんだろうなぁ。

 

今後もこういう「洗練された日本のもの」についてのアンテナを張りながら日本文化について学んでいきたい。

 

  

朝6時に東福寺に行ったけど、座禅体験できんかった話

2019年8月4日

日本ー京都

 

f:id:kanchanrobo:20190806185439j:plain

f:id:kanchanrobo:20190806185812j:plain

家族の用事ができて、1週間ほどお休みをいただき、京都に行ってきた。

久しぶりの京都は相変わらず外国人観光客で賑わっていて、騒々しかった。

また、最近はホテルや日本文化に対して興味関心が高いことから、京都の町並みを眺めているだけでもめちゃくちゃ楽しかった。

 

せっかく京都に行くし、何かを学んで帰りたい。そんな思いにかられ、「日本文化」ってなんだろうって少し考えたんだけど、全くこれといった答えは見つからなかった。

 

一つ言えるのは「日本文化」は、長い歴史の中で多くの職人さんたちの関わってきた歴史的な要素が入っているのかなと個人的に考察した。職人さんたちが作り上げたものはどれも洗練されていて、この洗練されているということがどこか日本文化を思わせるところがあるのではないかと思った。

 

だから京都滞在中は「洗練されたもの」ってどんなものがあるんだろうっていう視点を持ちながら過ごしてみた。

 

 

 

そして層雲峡にいるときは基本的に朝早めに起きて朝活をすることがルーティーン化してたからそのルーティーンを頑張って継続しようと思って京都でも朝活を実践することにした。

 

色々と調べてみると、京都の東福寺で毎週日曜日の朝6時から無料の座禅体験ができるということだった。京都を訪れた日の次の日は幸運にも日曜日だったため、座禅体験に行くことにした。

 

朝5時過ぎに起きてホテルからランニングがてら京都の朝の空気を全身で浴びて東福寺へ...

 

しかし...

 

 

1分間に合わなかったのだ...

 

東福寺と一言に言っても〇〇院、△△院といった具合にいくつものお寺があってよくわからなくて迷ってしまった。

 

何はともあれ、6時の座禅を逃した俺は6:30から講話があるということで近くをうろついて30分潰した。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190806185538j:plain

f:id:kanchanrobo:20190806185524j:plain

時間になって中に入ってみると、40人くらいはいただろうか。

早朝にも限らず予想以上の人たちが中にはいた。

 

講話をしてくださったお坊さんは、

 

「最近奥歯を治療しましてね、まだ詰め物が詰まってましてうまく話せないんです。」

 

って言って、続けて、

 

「何か聞き取りづらかったり、わかりにくいところがあったら遠慮なくおっしゃってくださいね。」

 

なんて言っていた。

当然誰も東福寺のお坊さんに物を言うなんてことができず、笑うしかなかった。笑

 

そんなこんなで耳に全神経を注ぎながらありがたーいお話をなんとか理解しようと頑張った。

 

もうこの頃には早起きからのランニングというダブルパンチで眠気が襲ってきていた。

途中からは講話を半分寝てしまいながら、なんとか人生初めての座禅体験を終え、ホテルへと戻ったのだった...笑

 

 

 

朝はクリエイティブに絵を描こう

2019年7月29日

日本ー北海道上川町層雲峡

 

今日は午前中、HOTEL KUMOIの裏側の建物で営業しているお店の看板をチョークで書いた。

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190729175531j:plain

こんな感じでノートにザッと下書きをして...

 

 

 

f:id:kanchanrobo:20190729175543j:plain

どーん!!

我ながらなかなかうまくできたと思う...

 

最近ちょいちょい時間があったら絵を描くようにしてるんだけど、絵を描いてる時間がすごく時間を忘れられる感じがして好きだな。

 

スピーカーで好きな音楽流しながら、好きな歌詞を口ずさみ、思うがままに書いていくこの時間が好きだ。

 

イラストについてもっと勉強とかしてもっと上手くなりたいな。

そして将来的に自分でデザインしたTシャツとか作ってみたい。笑

 

もっと人物とかも書いてみたいんだよなー。

でも人物描く時って目とか鼻とかパーツパーツをしっかりと理解して描かないといけない気がするんだよな...

 

その上で目の距離感とか、口元の口角の上がり方とかそういうのまで熟知していないと書けない。距離感をしっかりと熟知していないと描けないからすごく難しいんだと思う。

 

まあ、時間があるときに気分転換にこれからもちょくちょくやっていこうと思う。

 

 

「世界なんてさ、どうせもともと狂ってんだから。」

2019年7月25日

日本ー北海道上川町層雲峡

 

層雲峡って本当に思っていた以上に外国人観光客がくる。

層雲峡内で見かける車も、ホテルの駐車場で見かける車も結構な確率でレンタカーのナンバーだったりするんだよなあ。

 

外国人観光客の割合としてはアジア圏が一番多いと思うんだけど、そのほかにも欧米のゲストも多い。

国がどこでも限らず、基本的に英語が共通言語だから英語を使うことが多い。

 

まだまだ俺の英語力なんてアリんこみたいなもので、毎回チェックインの説明をするときにちゃんとゲストに伝わっているのか心配になる。たまにゲストに対して聞きなおすことがあったり、アジアのゲストの方だと発音が独特で聞き取りづらいときもあるからすげえ苦戦するんだよなあ。

 

 

それでも思うのは、英語を使いこなせるようになることで、世界が圧倒的に広がるということ。

 

 

昨今、グローバル化が進む中で英語を使いこなせるようになることでメリットがう荒れることが多くあると思うんだけど、実際のところ「英語を使えて仕事ができるから、結局なんだよ」って思うこともある。

 

仕事において英語を使うから英語を学ぶっていう理由で英語を学ぶのはすごくいいことだと思うし、なんら問題はないんだけど、日常的に英語を使わなくても英語を使えるようになるだけで本当に世界が広がると最近思えてきた。

 

 

じゃあ、それはなぜか。

 

 

英語が使えるとまず、他の国々の人たちの考え方に触れることができる。

 

これに関しては過去のブログでも言ってたかもしれないけど、ただでさえ、私たちは日本に住んでいて、日本は島国だから観光客は訪れにくい国だった。

国内には圧倒的に純日本人が多くてガラパゴス化していると言われる。

 

その中で英語を使えることで海外の人たちの考え方を取り入れることができるってすごく素敵なことじゃない?笑

 

 

海外の人たちの考え方ってどこかぶっ飛んでて理解できない部分も多くあるんだけどカオスな感じがいい。

 

ホテル業務を普段やっていても、

日本の人たちは夕食時間を伝えたらほぼ確実に時間通りに会場に来るけど、海外の人たちはそうとは限らない。

 

はたまた、海外の人たちはホテルの内装や料理の内容などあらゆるところに対して褒めてくれたり、もっとこうした方がいいよみたいに指摘をくれたりするけど、日本の人たちはあまり口に出さない。

 

 

日常的にこうやって各国の違いを知ることができるのはグローバル化を理解する上で非常に役に立つことだとは思うんだけど、個人的にはこの違いを知れるってところが面白い。

 

 

「世界なんてさ、どうせもともと狂ってんだから。」

 

昨日見てきた「天気の子」で出てきたセリフ。なんかすげえ好きな言葉だ。

世界なんてどうせ狂ってんだからいろんなことに寛容的になってその違いを楽しんでいこうと思う。